生命保険保険金、給付金に対する税金って?

【保険金や給付金を受け取る際には税金がかかる場合がある】生命保険の保険金や給付金に対しては税金がかかるケースがあります。
どのような税金かと言えば、所得税、住民税、相続税、贈与税、などのいずれかになります。
これらの中でどの税金が課税されるかは、保険金や給付金などの種類や契約者、被保険者、受取人、などの違いにより異なってきます。
また税額については、これらの中では贈与税がもっとも高くなります。
なお、被保険者の変更はできませんが、その他の契約者や受取人の場合だと、保険契約継続中であれば、自由に変更することができます。
なお東日本大地震の後で受け取る保険金や給付金に対しては、所得税に併せて復興特別所得税がかかります。
税率は所得税の2.
1%になっています。
医療保険「短期払い」「終身払い」って?【違い・選び方とは?】