初心者向けFX用語で取引によく使われる言葉とは?

取引手法で良く使われるのは、「成り行き注文」です。
「成り行き注文」は、FX用語で取引画面に出ている為替レートで注文することを指します。
為替レートはリアルタイムで変動しています。
タイミングを見計らって注文をワンクリックで即座に入れることを「ストリーミング注文」と呼んで「成り行き注文」の中でも区別することもあります。
「指値(さしね)注文」は、FX用語でトレーダーが現在の為替レートより有利なレートを指定して注文する方法です。
「指値注文」は「成り行き注文」より落ち着いて注文を入れることができるので、FXの初心者は是非活用したい取引手法です。
「逆指値注文(ぎゃくさしね)注文」とはFX用語で、トレーダーが現在の為替レートより不利なレートを指定して注文する方法です。
「利益確定」についても理解しておきましょう。
ずっとパソコンに張り付いていない限り、指値で利益確定の為替レートを決めておくのが一般的です。